【仮想通貨】ビットフライヤー上場銘柄予想への対応

さて、1月末までカウントダウンがだんだんと迫ってまいりました。
ビットフライヤーの新規上場コインがいろいろとされていますが、可能性としては2パターンあります。

1つ目のパターンはホワイトリストと呼ばれている現在既に金融庁の仮想通貨登録業者として登録されている取引所に上場している銘柄。
ビットフライヤーに上場していなくてホワイトリストに記載のある銘柄が上場の可能性として考えられます。
例としてXRPやXEM、XCPなどです。
これは全員が既知のものです。

もう1つのパターンは、まだホワイトリストに登録されていない銘柄が上場する可能性。

ただしホワイトリストに登録されていないと上場できないのでホワイトリストへの記載、更新が先になると予想します。今まで既存の取引所の新規ホワイトリスト銘柄がどのように追加されたか知らないため金融庁のホームページを毎日更新してウォッチする事が最新情報を拾えるでしょうか。

ひょっとしたらビットフライヤー発表より先にホワイトリスト更新の方が先に行われてラッキーとなるかもしれません。日本時間でしょうから日本人有利です、日本人が先に買って高値で外国人に売りつけてやりましょう笑

ホワイトリストに記載のない銘柄で期待されているのはLISKやFACTOM、BTGあたりです。
このうちLISKとFACTOMはコインチェックに上場しており日本人が手の届く範囲なので上場期待を多少織り込んでいますね。そのため上場が外れるとちょっとした失望感で売られるリスクがあります。

BCGは海外でしか取引されておらずあまり日本人の手が回っていないようで、また分裂コインという事で時期は遅れたとしてもいずれ上場してくる可能性はあります。

そのためパターン1の予想としてXEMを保有、パターン2の予想としてリスクの低いビットコインゴールドを保有してビットフライヤー新規上場銘柄祭りに参加します。

また、ビットフライヤーが祭りになるとモナコインも巻き込まれて上がる可能性も視野にいらてモナコインも保有した3銘柄体勢です。

なんにせよ月末が平日なのでギリギリまで待たされる可能性はありますが楽しみですね!
ねだるな勝ち取れ、さすれば与えられん!

投資は自己責任で!

この記事へのコメント